趣味と仕事の備忘録

セキュリティとか料理とか写真とか

勝手翻訳:Science Brief: COVID-19 Vaccines and Vaccination/サイエンス・ブリーフ COVID-19 ワクチンと予防接種

以下の記事の勝手機械翻訳

www.cdc.gov

サイエンス・ブリーフ COVID-19 ワクチンと予防接種

更新日:2021年7月27日

最近の変更点の概要

最終更新 2021年7月27日

  • 前回の更新以降に発表された研究から、現在認可されているmRNAワクチンが、米国で主流となっているデルタ株を含む、懸念されている亜種に対する予防効果があることを示すデータが追加された。入院や死亡に対するワクチンの有効性は、現在の SARS-CoV-2 のすべての亜種に対して高い。しかし、ベータ、ガンマ、デルタの各亜種による感染確認や症候性疾患に対する有効性は、先祖返りした株やアルファの亜種に比べて低いことが、新たなデータから示唆されている。

キーポイント

  • 現在、米国で認可されているCOVID-19ワクチンはすべて、重篤な疾患、入院、死亡などの重篤転帰を伴うCOVID-19に対して有効である。
  • 現在認可されているmRNA COVID-19ワクチン(Pfizer-BioNTechとModerna)は、Alpha(B.1.1.7)、Beta(B.1.351)、Gamma(P.1)、Delta(B.1.617.2)を含む様々な株に対して、入院や死亡に対して高い効果があることを示唆するエビデンスがある;Beta、Gamma、Deltaの各変異体による感染確認や症状のある疾患に対する効果は、祖先株やAlphaの変異体に比べて低いことを示唆するデータがある。変異体に対するワクチンの有効性を継続的に監視する必要があります。
  • mRNAワクチン(Pfizer-BioNTech社またはModerna社)を完全に接種した人は、ワクチンを接種していない人に比べて、SARS-CoV-2に感染したり、他人に感染させたりする可能性が低いことを示す証拠が増えています。しかし、ウイルスの地域感染が続く限り、完全にワクチンを接種した人がSARS-CoV-2にブレークスルー感染するリスクを完全に排除することはできない。
  • ジョンソン・エンド・ジョンソンヤンセンのワクチンの有効性については、現在研究が進められています。
  • 現時点では、免疫不全状態にある人のワクチンの有効性に関するデータは限られています。免疫抑制剤を服用している人を含め、免疫不全の状態にある人は、ワクチン接種後の個人的な保護手段の必要性について、医療従事者と話し合う必要があります。
  • この最新の科学情報は、完全にワクチンを接種した人に対するCDCのガイダンスを裏付ける科学的証拠をまとめたもので、より多くの情報が得られれば引き続き更新される予定です。

背景

COVID-19ワクチンの接種は、COVID-19パンデミックを終息させるための重要な予防策です。現在、米国ではCOVID-19ワクチンが広く普及しており、CDCは12歳以上のすべての人にCOVID-19ワクチンの接種を推奨しています。現在、米国食品医薬品局(FDA)が緊急使用を許可しているCOVID-19ワクチンは、2種類のmRNAワクチン(Pfizer-BioNTech、Moderna)と1種類のアデノウイルスベクターワクチン(Johnson & Johnson/Janssen vaccine)の3種類です。2回接種の場合は2週間以上、1回接種の場合は2週間以上経過していれば、完全に接種したとみなされます。

認可されたCOVID-19ワクチンを完全に接種した人に対する公衆衛生上の勧告は、症候性および無症候性のCOVID-19に対するワクチンの有効性の証拠や、SARS-CoV-2感染に対するワクチンの影響を考慮する必要があります。また、ワクチンを接種した人が追加の予防措置をとることの利点と潜在的な害を評価する際には、その他の個人的・社会的要因も重要です。予防接種実施諮問委員会とCDCは、ワクチンを推奨する際に、母集団の価値観、受け入れ可能性、実施可能性などの要素を日常的に考慮している1。これらの要素は、完全にワクチンを接種した人に対するCDCの暫定的な公衆衛生勧告を策定する際にも考慮された。

この科学的概要では、現在承認されているCOVID-19ワクチン(推奨スケジュールに従って投与)について、2021年7月24日までに得られたエビデンスと、完全にワクチンを接種した人に対する公衆衛生上の推奨を伝えるために用いられた追加的な検討事項を以下のようにまとめています。

  • SARS-CoV-2感染に対するワクチンの有効性と効果
  • 新興のSARS-CoV-2変異型ウイルスに対するワクチンの性能
  • ワクチン接種に伴う他の予防策の影響

蓄積された証拠によると、完全にワクチンを接種した免疫不全状態にない人は、SARS-CoV-2に感染・伝播するリスクが低く、ほとんどの活動を行うことができる。不必要な隔離や社会的孤立などの混乱を避けることの利点は、COVID-19で発病する低い残存リスク(一般的には軽症)に勝るかもしれない。

COVID-19ワクチンの有効性と効果

ワクチンの有効性とは、慎重にコントロールされた臨床試験でのワクチンの性能を意味し、有効性とは、実際の観察研究での性能を意味します。承認されたCOVID-19ワクチンは、重症型を含む症状のある実験室で確認されたCOVID-19に対して、有効性と効果があることが実証されています。さらに、mRNAを用いたCOVID-19ワクチンは、無症候性の感染や伝播も減少させることを示唆する証拠が増えています。SARS-CoV-2の感染(症候性および無症候性の両方)が大幅に減少すれば、米国における疾病の全体的なレベルが低下し、その結果、ウイルスの伝播も減少する。しかし、完全にワクチンを接種していても、感染が拡大した場合の感染リスクをさらに評価するための調査が進行中です。

動物チャレンジ試験

アカゲザルを対象としたチャレンジテストにより、SARS-CoV-2感染(症候性および無症候性感染を含む)に対するファイザー・バイオンテック、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンヤンセンのCOVID-19ワクチンの潜在的な防御効果が初めて証明されました。ワクチンを接種したマカクは,ヒトの回復期血清を上回る中和抗体を獲得し,SARS-CoV-2チャレンジ後に臨床疾患の兆候がないか,最小限に抑えられた(2-4). さらに,COVID-19ワクチンの接種により,上気道および下気道におけるウイルスの複製が阻止または制限された.

ヒト臨床試験によるワクチンの有効性

その後、COVID-19ワクチンの臨床試験が行われ、実験室で確認された成人の症候性COVID-19(重症型を含む)に対する有効性が証明され、症候性および無症候性のSARS-CoV-2感染に対する予防効果も確認された(5-11) (囲み記事)。最近の試験データでは、実験室で確認された症状のあるCOVID-19に対して、12~15歳の青年を対象としたPfizer-BioNTech社製のワクチンの有効性が100%であることが示されましたが、この推定値は少数の症例に基づいたものです(12)。

Box 1. 承認された COVID-19 ワクチンのワクチン有効性推定値のまとめ

認可されたCOVID-19ワクチンはすべて、18歳以上の成人における症状のある実験室で確認されたCOVID-19に対して有効性を示しました(範囲65%~95%)。

  • 承認されたCOVID-19ワクチンは、高齢者と若年者、基礎疾患のある人とない人、異なる人種や民族など、さまざまな集団で有効性が示されました。
  • また、ファイザー・バイオンテック社のCOVID-19ワクチンは、12~17歳の青年層において、症状のある実験室で確認されたCOVID-19に対して高い有効性を示しました。 承認されたすべてのCOVID-19ワクチンは、入院が必要なほど重篤なCOVID-19に対して高い有効性を示しました(89%以上)。

承認されたすべての COVID-19 ワクチンは,COVID-19 に関連した死亡に対して高い有効性を示した.

臨床試験では、COVID-19ワクチンを接種した被験者でCOVID-19により死亡した者はいませんでした。18歳以上の成人を対象としたModerna社およびJohnson & Johnson/Janssen社の試験では、それぞれワクチンを接種していないプラセボ群でCOVID-19による死亡者が出ています。 18歳以上の成人を対象とした臨床試験の予備データによると、COVID-19のワクチン接種は症候性の感染を防ぎ、無症候性の感染も防ぐ可能性があります。

  • Moderna試験では、1回目の接種を受けた人のうち、2回目の接種予約時にSARS-CoV-2の陽性反応が出た無症候性の人の数は、ワクチン接種者ではプラセボ接種者に比べて約67%少なかった(それぞれ0.1%、0.3%)という結果が出ている
  • ジョンソン・エンド・ジョンソンヤンセンCOVID-19ワクチンの無症候性感染に対する有効性は、試験参加者のサブセットにおいて74%であった。
    同時期に同一の試験集団で認可されたワクチンの有効性を比較した試験はなく、有効性の比較は困難です。

  • すべての第3相試験は、暦年と地域によって異なります。

  • ワクチンは、COVID-19の発生率や流通している亜種の背景が異なる環境で試験されました。

実際のワクチンの有効性

米国およびその他の国で行われた複数の研究により、COVID-19 mRNAの2回接種は、先天性および変種によるSARS-CoV-2感染(症候性および無症候性感染を含む)および重症化、入院、死亡などの後遺症に対して非常に有効であることが実証されています。ジョンソン・エンド・ジョンソンヤンセンのワクチンの初期のエビデンスでも、実環境下でのCOVID-19に対する有効性が示されています。

表1a. SARS-CoV-2感染および症候性疾患に対するCOVID-19ワクチン接種の有効性

Country Population Vaccine Outcome Vaccine Effectiveness*
United States13 General adult population Pfizer-BioNTech or Moderna SARS-CoV-2 infection 89%*1
United States14 General adult population Pfizer-BioNTech or Moderna SARS-CoV-2 infection 86%*2
United States15 General adult population Pfizer-BioNTech or Moderna Hospitalization 96%*1
United States16 Healthcare workers Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 97%*2
Moderna SARS-CoV-2 infection 99%*2
United States17 Healthcare workers, first responders, and other essential and frontline workers Pfizer-BioNTech or Moderna SARS-CoV-2 infection 90%*2
United States18 Healthcare workers Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 96%*1
United States19 Healthcare workers Pfizer-BioNTech or Moderna Symptomatic disease 94%*1
United States20 Healthcare workers and residents in a skilled nursing facility Pfizer-BioNTech Residents: symptomatic disease 87%*2
Residents: hospitalization 94%*2
Healthcare workers: symptomatic disease 87%*2
United States21 Hospitalized adults ≥65 years old Pfizer-BioNTech or Moderna Hospitalization 94%*2
United States22 Health system members ≥18 years old Johnson & Johnson/Janssen SARS-CoV-2 infection 77%*2
United Kingdom23 Healthcare workers Pfizer-BioNTech or AstraZeneca SARS-CoV-2 infection 90%*2
United Kingdom24 Healthcare workers Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 86%*1
United Kingdom (Scotland)25 Healthcare workers Pfizer-BioNTech or AstraZeneca SARS-CoV-2 infection 92%*2
United Kingdom26 Adults aged ≥ 80 years, including those with multiple underlying conditions Pfizer-BioNTech Symptomatic disease 85%*2
Israel27 HMO members >16 years old Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 89%*1
Israel28 Health system members Pfizer-BioNTech <60 years old: SARS-CoV-2 infection 93%*2
≥60 years old: SARS-CoV-2 infection 92%*2
Israel29 General adult population Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 92%*1
Symptomatic disease 94%*1
Hospitalization 87%*1
Severe disease 92%*1
Israel30 General population ≥16 years Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 93%*1
Hospitalization 94%*1
Severe disease 94%*1
Israel31 General population ≥16 years Pfizer-BioNTech Symptomatic disease 97%*1
Severe/critical disease 98%
Hospitalization 97%
Death 97%
Israel32 Healthcare workers Pfizer-BioNTech Symptomatic disease 97%*1
Israel33 Healthcare workers Pfizer-BioNTech Symptomatic disease 90%*3
Italy34 Healthcare workers Pfizer-BioNTech Symptomatic disease 95%*1
Denmark35 Long term care facility residents Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 64%*1
Long term care facility staff Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 90%*1
Sweden36 General adult population Pfizer-BioNTech SARS-CoV-2 infection 86%*1

*ここでは、一連のワクチン接種が完了してから7日以上経過した時点でのワクチン効果の推定値を含む研究のみを対象としています。ワクチン効果の推定値が1つしか報告されていない複数のワクチンを調査した研究では、製品タイプ別のワクチン効果を評価していません。 2回目の接種から1≥7日後 2回目の接種から2≥14日後 2回目の接種から3日以上11日以内

表1aに示した研究に加えて、ファイザー・バイオンテック社とモデナ社のCOVID-19ワクチンによる予防接種の効果を示すさらなる証拠が、医療従事者の間で示されています。COVID-19ワクチンを2回接種した人では、地域社会での感染が増加していても、SARS-CoV-2感染が大幅に減少しました。(37-39)

表1b. 無症状の SARS-CoV-2 感染に対する COVID-19 ワクチンの有効性

Country Population Vaccine Outcome Vaccine effectiveness
United States40 General adult population Pfizer-BioNTech or Moderna Asymptomatic infection 80%*1
United States18 Healthcare workers Pfizer-BioNTech Asymptomatic infection 90%*2
Israel31 General adult population Pfizer-BioNTech Asymptomatic infection 92%*2
Israel32 Healthcare workers Pfizer-BioNTech or AstraZeneca Asymptomatic infection 86%*2
Israel33 Healthcare workers Pfizer-BioNTech Asymptomatic infection 65%*3

2回目の接種から1≥0日後 2回目の接種から2≥7日後 2回目の投与から3≥11日後

各国の複数の研究から得られたデータによると、Pfizer-BioNTech社のCOVID-19ワクチンを接種した人がCOVID-19を発症した場合、ワクチンを接種していない人に比べてウイルス量が少ないことが示唆されています(41-44)。この観察結果は、ウイルス量が感染の重要な要因であることが確認されていることから、感染性の低下を示している可能性があります(45)。

免疫抑制状態にある人におけるワクチンの有効性

リツキシマブ(47-50)やミコフェノラート(50-53)などの特定の免疫抑制剤を服用している人、血液がん患者(54、55)、血液透析患者(56)などです。現時点では、免疫不全者のワクチン防御に関するデータは限られています。さらに、COVID-19 ワクチンの効果に対する免疫抑制の影響は、状態によって異なる可能性があります(55, 57)。どのような免疫不全状態が COVID-19 ワクチン接種への反応に影響するかについての完全なデータはありません。さらに、SARS-CoV-2 に対する防御の確立された免疫相関関係はないため、COVID-19 ワクチン接種に不完全に反応した人の感染リスクは、免疫原性データを用いて定量化することはできません。免疫抑制剤を服用している人を含め、免疫不全の状態にある人は、ワクチン接種後の個人的な保護手段の必要性について、医療従事者と話し合う必要があります。

SARS-CoV-2ウイルスの新しい亜種とワクチンの性能

SARS-CoV-2 の懸念されるウイルス亜種(VOCs: アルファ(B.1.1.7):イギリスで最初に検出されたもの、ベータ(B.1.351):南アフリカで最初に検出されたもの、ガンマ(P.1):日本/ブラジルで最初に検出されたもの、デルタ(B.1 .617.2)は、スパイクタンパクの受容体結合ドメインを変化させる変異が出現し、ワクチンの効果に悪影響を及ぼしている(特に、アルファ、ベータ、ガンマの各変異体に発生したN501Y変異、ベータとガンマのE484KとE417T/N、デルタのL452R変異)(58)。

同様の変異は、SARS-CoV-2の注目すべき変異体(VOI: 米国カリフォルニア州で最初に検出されたイプシロン(B.1.427/B.1.429)、米国ニューヨーク州で最初に検出されたイオタ(B.1.526)、英国・ナイジェリアで最初に検出されたイータ(B.1.525)、そしてカッパ(B.1.617.1)とB.1. .617.3、インドで初検出)(58)がありますが、これらの亜種は現在、米国やその他の国での流行や拡大が限られており、感染の増加、病気の重症化、あるいは利用可能なワクチン、治療薬、診断テストへの影響についての明確な証拠はまだありません(58) SARS-CoV-2の新たな亜種に対するワクチンの性能は、ワクチンを接種した人の予防措置の必要性を評価する際に重要な考慮事項であり、継続的なモニタリングが必要です。リスクを評価する際には、SARS-CoV-2亜種の地域的・局地的な循環を考慮することも重要である。最新のデータはCDCのウェブサイトで見ることができる。

ワクチンによる中和抗体活性

mRNA COVID-19 ワクチン(Pfizer-BioNTech と Moderna の両方)を接種した人の血清は、さまざまな変異に対する抗体中和活性の低下が最小限から最大まで認められています(59-126)。VOCに関する研究では、ベータ版で最大の減少が観察され、ガンマ版、デルタ版がそれに続き、アルファ版の減少はわずかであった。限られた数のVOIについては、EtaおよびKappaでより大きな削減効果が得られ、EpsilonおよびIotaでは最小限の削減効果しか得られなかった。E484K/QおよびL452R変異は、単独で、あるいは受容体結合ドメインの他の変異と組み合わせて、ワクチンによって誘発される中和抗体活性の低下の大部分を占めることが示されている(71, 77, 91, 109, 112, 127, 128)。英国、米国、その他の国で検出されたE484K変異を持つAlphaおよびIota変異は、それぞれAlphaおよびIota単独よりも中和率がさらに低下した。 (62, 68, 70, 71, 90, 114, 115, 118) 2回接種のCOVID-19ワクチンについては、複数の研究で、2回目の接種後(つまり完全にワクチンを接種した人)の方が、1回目の接種後(部分的にワクチンを接種した人)に比べて、亜種に対する中和率が高いことが示されています(59, 71, 72, 77, 78, 86, 99, 103, 105-107, 119, 129)。

2つの研究によると、Modernaワクチンを接種してから6ヶ月後には、先祖返りした株と比較して、BetaとGammaに対する中和活性が検出されない人の割合が高くなっています(130, 131)。しかし、最近の研究では、Johnson & Johnson/Janssenワクチンを接種した人は、接種後8ヶ月目にはBeta、Gamma、Deltaに対する中和力価の低下が最小限に抑えられており、この期間には、おそらくB細胞の成熟によって、変異型に対する中和抗体反応の幅が広がったという証拠が示されています。 (64) ワクチン接種後 2.5~3 ヶ月の時点で異なるワクチンに対する抗体反応を比較した別の研究では、 ジョンソン・アンド・ジョンソンヤンセンアデノウイルスベクター・ワクチン)の Beta と Delta に対する中和力が mRNA ワクチンに比べて比較的低いことが示されています(132) この分野では、異なるワクチン・プラットフォームに関連する免疫反応の動態の潜在的な違いを理解することを含めて、さらなるエビデンスが必要です。

ワクチンの有効性と様々なワクチンで誘導される中和抗体レベルとの間には強固な相関関係があることが示されています(133, 134)。臨床試験から得られた証拠によると、重篤な疾患を予防するための抗体閾値である防御相関は、確認された感染に対する防御に必要な値よりもはるかに低く、初期のワクチンの有効性の違いに影響される可能性は低いと推定されています(134)。様々な研究において、ワクチン接種を受けた人の血清の抗体中和活性は、一般的にCOVID-19から回復した人の回復期の血清で観察されたものよりも高かった(71, 75, 80, 83, 101-103, 105, 107, 112, 118, 127, 128)。しかしながら、いくつかの変異は中和抗体価を防御閾値の近くまたは下まで低下させ、その結果、ワクチン効果の低下、ブレイクスルー感染(すなわち、ワクチン接種を受けた人の感染)の増加、免疫持続期間の短縮を引き起こす可能性があります。例えば、あるモデリング研究では、特定の変異体に対する中和力が5倍低下すると、有効性の高いワクチンでは95%から77%に、有効性の低いワクチンでは70%から32%に有効性が低下すると予測されています(134)が、これは抗体の中和が唯一の主要な防御メカニズムであることを前提としており、中和と細胞性免疫の両方が防御の役割を果たしている場合には、この低下は緩和される可能性があります。

ワクチンによる細胞性免疫

いくつかの研究では、Moderna社やPfizer社のワクチン接種者のCD4+およびCD8+ T細胞の反応を、SARS-CoV-2の祖先株とAlpha、Beta、Gamma、Epsilonの各変種と比較して評価しており、これらの研究では、変種に対する細胞性免疫の認識に中程度か欠損がないことが確認されています(78, 85, 105, 135-139)。 このように、細胞性免疫は、中和抗体から部分的に逃れた変種による感染症の重症度を抑えるのに役立つ可能性があります。ヒト白血球抗原対立遺伝子の多型は、特定のバリアントに対するT細胞反応の変動をもたらすことが観察されており、遺伝的有病率の高さに基づいて異なる亜集団に異なる影響を与える可能性がある(140-145)。

効能・効果

イスラエル、ヨーロッパ、イギリスで増えている研究では、アルファが流行しているときにファイザー・バイオンテック社のCOVID-19ワクチンを2回接種することで、高い現実世界での有効性(85%以上)が証明されている。 (24, 29-31, 33, 36, 146-148) カタールの研究では、ファイザー・バイオンテック社のワクチン(それぞれ90%と75%)とModerna社のワクチン(それぞれ100%と96%)を接種してから14日以上経過したアルファとベータの感染記録に対して高い有効性が実証されています。重要なのは、どちらのワクチンも株に関係なく重症、重篤、致命的な疾患に対して96%~100%の有効性を示したことです(149, 150) 臨床試験のデータは、ジョンソン・エンド・ジョンソンヤンセン社のCOVID-19ワクチンがベータの変種に対する全体的な有効性を低下させている可能性を示唆しています。米国の臨床試験参加者とブラジルや南アフリカの参加者との間では血清反応率は同程度でしたが、14日以上経過した後のワクチンの有効性は、米国では74%、ブラジルでは66%(感染の約69%がZetaによるもの[P.2])、南アフリカでは52%(感染の約95%がBetaによるもの)でした。 (151) 注目すべきは、ジョンソン・エンド・ジョンソンヤンセンのワクチンは、すべての施設で重症または重篤な疾患に対して良好な有効性を示したことです(73%~82%)。カナダで行われた3つの研究では、AlphaとGammaによる感染が最も多かった時期に確認された感染に対して、mRNAワクチンの有効性が79%であることが示され、他の2つの研究では、Gamma/Betaによる症状のある感染に対して、それぞれ84%と88%の有効性が示されました(152-154)。

イングランドスコットランドで行われた最近の研究では、感染が確認された場合(79%)と症候性感染(88%)に対するファイザー・バイオンテック社のワクチンの有効性が、アルファ(それぞれ92%と93%)に比べて低いことが指摘されています。 (146, 147) Deltaが主流であったイギリスで最近行われた2回の全国的な人口調査では、PCRで確認された感染に対する2回接種のワクチンの有効性は、それぞれ72%と73%でした(155) カナダの研究では、ファイザー・バイオンテック社のワクチンを接種してから7日以上経過した後の症状のある病気に対する有効性は87%でした。(153)イスラエルのプレスリリースによると、Deltaによる感染や病気に対するワクチンの有効性がさらに低下していることが指摘されています。これらの違いは、研究方法の違いを反映している部分もあるかもしれませんが、完全に解釈するためには、より専門的な情報が必要です。注目すべきは、イギリス、カナダ、イスラエルでは、Deltaに起因する入院に対するワクチンの有効性は93%~100%であり、Alphaで観察された有効性と同程度であったことです(148, 153)。イギリスのデータでは、COVID-19感染者の最近の復活は、AlphaからDeltaへの置き換えと、ワクチンを接種していない子供や若年層で発生した感染が原因であると観察されています(155)。

ブレイクスルー感染

高い有効性にもかかわらず、ワクチンのブレイクスルー症例は稀であるが、循環する変種による感染を含め、避けられない。 2021年1月から5月にかけて、ワクチン接種状況が判明している18歳以上の成人におけるCOVID-19関連の実験室確認済み入院のCOVID-NETデータによると、完全にワクチンを接種した人で発生した入院は3%未満でした。CDCは、入院や死亡を伴うワクチンブレイクスルー症例の全国的なモニタリングを行っています。156)2021年7月19日時点でCDCに報告された入院または死亡した症例のうち、74%が65歳以上の高齢者でした。米国のある研究では、ブレイクスルー感染の44%が免疫不全者であることが観察されており、これはイスラエルで報告された結果と同様である(157, 158)。 ブレイクスルー感染は免疫力を高める可能性があり、長期介護施設での流行から4週間後、ブレイクスルー感染を経験した完全にワクチンを接種した入居者は、ブレイクスルー感染を経験しなかったワクチン接種者に比べて、有意に高い抗体レベルを示した(159)。

ブレイクスルー感染者の間で観察されたVOCの割合は、CDCの全国ゲノムサーベイランスで観察されたものと類似している(160)が、地域差や時間の経過に伴う変異体の割合の変化があるため、これらのデータの解釈は困難である。イスラエルで行われた、ファイザー・バイオンテック社製のワクチンを完全に接種した成人のVOC感染を、ワクチンを接種していないマッチドコントロールと比較した研究では、アルファが優勢でベータが全検体の1%未満で検出された時期に、完全にワクチンを接種した症例ではベータの割合が高く(マッチドオッズ比=8.0)、部分的にワクチンを接種した症例ではアルファの割合が高い(マッチドオッズ比=2.6)ことが分かったが、サンプルサイズが小さいこと、特にベータについては限界があると指摘されている(161)。 (161)テキサス州ヒューストンで行われた研究では、デルタは、他の変異型による感染と比較して、完全にワクチンを接種した人でのブレイクスルー感染の割合が有意に高いことが観察されましたが、COVID-19の全症例のうち、完全にワクチンを接種した人で発生したのは6.5%に過ぎないことが指摘されています(162)。 米国での使用が認可されていないワクチンを使用したインドの研究では、ワクチン接種の有無にかかわらず、デルタによる感染では比較的高いウイルス量と大きなクラスターサイズが報告されています(96)。未発表のデータもこれと一致しており、米国やその他の環境におけるデルタワクチンの画期的な感染による伝達性のレベルと期間を理解するために、さらなるデータ収集と研究が進行中です。

ワクチン接種に伴う予防措置の影響

ワクチン接種に加えて、個人やコミュニティレベルの予防策を講じることで、SARS-CoV-2の感染拡大を抑えることができることが示されている(163-167)。しかしながら、物理的な距離を置くこと、検疫、学校や企業の閉鎖、その他の予防策に関連して、個人や社会的なコストが発生する可能性がある(168-175)。

モデリング研究によると、マスクの着用や物理的な距離の取り方など、その他の予防策を守ることは、ワクチンを導入する際にも重要であることが示唆されている(176-184)。ある研究では、十分なワクチン接種率(対象となる集団によって60~80%)になる前に、全集団の予防策を完全に緩和しても、SARS-CoV-2感染の減少はほとんど見られなかった(178)。 (ある研究の予備データによると、米国では1日300万回のワクチン接種が行われた場合、ワクチン接種開始から2~3カ月後に予防措置の緩和を開始できるとされている(185)。同様に、予備的なデータによると、ワクチン接種率の増加に伴い、予防措置の一部を段階的に廃止できる可能性があります(184)。 ワクチンの効果が高く、接種率が増加していることから、デルタ型が出現する前に行われた予備的なモデル研究では、ワクチンを接種した人々が通常の活動に戻ることで、パンデミックの進行に与える影響は最小限になると予測されています(185, 186)。

結論

現在、米国で認可されているCOVID-19ワクチンは、無症候性および症候性の感染、重症化、死亡を含むSARS-CoV-2感染に対して有効であることが示されている。これらの知見と,ワクチン接種者がCOVID-19を発症した場合にウイルス量が減少するという初期の証拠から,ワクチン接種者では関連する感染リスクが大幅に減少する可能性が高いと考えられる.SARS-CoV-2の新たな亜種に対するワクチンの有効性はまだ調査中ですが、現在米国で認可されているCOVID-19ワクチンは、Delta亜種を含む既知の新興亜種、特に入院や死亡に対する予防効果があることを示す証拠があります。データによると、ベータ、ガンマ、デルタの各亜種による確定疾患や症候性疾患に対するワクチンの有効性は、先祖返りした株やアルファ亜種に比べて低いことが示唆されています。

米国のCOVID-19ワクチン接種プログラムは、完全にワクチンを接種した人の重症化を防ぎ、感染の連鎖を断ち切ることで、米国における疾病の負担を大幅に軽減する可能性があることが示唆されている。SARS-CoV-2の地域感染が広がっている地域では、ワクチンを接種した人がSARS-CoV-2に感染するリスクを完全に排除することはできません。ワクチンを接種した人でも感染し、他の人にウイルスを拡散する可能性がある。COVID-19のパンデミックを終息させるためには、COVID-19に対する完全なワクチン接種を受けている米国人口の割合を最大化するための現在の取り組みが重要です。

*注:完全にワクチンを接種した人に対するCDCのガイダンスは、世界保健機関が緊急用にリストアップしているCOVID-19ワクチン(AstraZeneca/Oxfordなど)にも適用することができます。この概要は、米国で緊急使用が認められているワクチンに関連するエビデンスをまとめたものです。

勝手翻訳:When You’ve Been Fully Vaccinated / ワクチンを完全に接種した場合

以下の記事の勝手機械翻訳 www.cdc.gov

ワクチンを完全に接種した場合 自分と他人を守るために

更新日:2021年7月27日

あなたとあなたの家族のための安全な活動

  • ワクチンを完全に接種していれば、パンデミック前に行っていた活動の多くに参加することができます。
  • デルタウイルスから最大限に保護し、他の人への感染を防ぐために、感染率の高い地域にいる場合は、公共の場では室内でマスクを着用してください。
  • マスクの着用は、免疫力が低下している場合や、年齢や基礎疾患のために重症化のリスクが高まっている場合、あるいは、家族の中に免疫力が低下している人、重症化のリスクが高まっている人、ワクチンを接種していない人がいる場合に最も重要です。ご自身やご家族が該当する場合は、地域の感染状況に関わらず、マスクを着用することをお勧めします。
  • 法律、規則、規制、地域の指導によって必要とされる場合は、引き続きマスクを着用してください。
  • まだ予防接種を受けていない方は、ワクチンを探しましょう。

COVID-19ワクチンは、あなたを病気から守るために有効です。COVID-19ワクチンについてわかっていることに基づけば、完全にワクチンを接種した人は、パンデミックのためにやめていたことをすることができます。

これらの推奨事項は、完全にワクチンを接種した後の日々の活動について判断するのに役立ちます。これらは医療現場での使用を目的としたものではありません。

ワクチンの接種は完了していますか?

一般的には、以下の場合に完全なワクチン接種を受けたとみなされます。

ファイザーやモデナのような2回接種のワクチンの2回目の接種から2週間後、または ジョンソン・エンド・ジョンソン社のヤンセン・ワクチンのような単回接種のワクチンを接種してから2週間後 年齢に関係なく、これらの条件を満たしていない場合は、完全なワクチン接種ではありません。完全に予防接種を受けるまでは、あらゆる予防措置を取り続けてください。

免疫力を低下させる病気や薬を服用している場合は、完全にワクチンを接種していても保護されないことがあります。予防接種を受けていない人に推奨されているすべての予防措置を、医療従事者の指示があるまで続けてください。

あなたができること

ワクチンを完全に接種した場合

  • パンデミック前に行っていた活動を再開することができます。
  • デルタウイルスに感染したり、他の人に感染させたりするリスクを減らすために、感染率の高い地域にいる場合は、公共の場では屋内でマスクを着用してください。
  • ご自身の免疫力が低下している場合や、年齢や基礎疾患のために重症化のリスクが高まっている場合、またご家族の中に免疫力が低下している方や重症化のリスクが高まっている方、ワクチンを接種していない方がいる場合には、感染の程度に関わらずマスクを着用することをお勧めします。
  • 米国内を旅行する場合は、旅行前や旅行後に検査を受けたり、旅行後に自己検疫を行う必要はありません。
  • 米国外に渡航する際には、渡航先の状況に十分注意する必要があります。
    • 渡航先で検査が必要な場合を除き、米国を出国する前に検査を受ける必要はありません。
    • 米国への国際線に搭乗する前に、検査結果が陰性であること、またはCOVID-19から回復したことを示す書類を提示する必要があります。
    • 海外旅行の3~5日後にも検査を受ける必要があります。
    • 米国に到着した後、自己検疫を行う必要はありません。
  • 周囲にCOVID-19の感染者がいた場合は、症状がなくても感染後3~5日目に検査を受けてください。また、曝露後14日間、または検査結果が陰性になるまで、公共の場では屋内でマスクを着用してください。検査結果が陽性の場合は、10日間隔離してください。

続けるべきこと

今のところ、完全に予防接種を受けている方は

  • 職場や地元企業の指導に従う必要があります。 渡航する場合は、自分自身と他の人を守るための対策をとる必要があります。
  • 米国内、米国内、米国外を移動する飛行機、バス、電車などの公共交通機関や、空港や駅などの米国内の交通拠点で屋内にいる間は、鼻と口を覆うマスクの着用が義務付けられています。フェリーのオープンデッキやバスの屋根のない最上階など、交通機関の屋外ではマスクを着用する必要はありません。
  • 完全にワクチンを接種して米国に入国する外国人旅行者は、米国に空路で入国する3日前に検査を受ける(または過去3ヶ月以内にCOVID-19から回復したことを示す書類を提示する)必要があり、渡航後も3~5日後に検査を受ける必要があります。 周りに病気の人がいる場合は特に、COVID-19の症状に気をつける必要があります。COVID-19の症状が出た場合は、検査を受け、家で他の人と接触しないようにしてください。検査が陽性の場合は、10日間家に隔離してください。
  • 免疫系を弱める疾患を持っている人や薬を服用している人は、医療従事者から別の指示があるまで、ワクチンを接種していない人に推奨されているすべての予防措置を取り続ける必要があります。

分かっていること

  • COVID-19ワクチンは、重症化や死亡を含むCOVID-19の予防に安全で効果的です。
  • COVID-19ワクチンは、現在米国で流通しているCOVID-19の原因となるウイルスのデルタ型を含む亜種による重症化や死亡に対して有効です。
  • デルタ型であっても、完全にワクチンを接種した人の中で感染が起こるのはごく一部に過ぎません。ワクチンを接種している人の中でこれらの感染症が発生した場合、その症状は軽度であることが多いです。
  • 完全にワクチンを接種している人がデルタ型に感染した場合、他の人にウイルスを感染させる可能性があります。
  • 免疫抑制剤を服用している人など、免疫力が低下している人は、完全にワクチンを接種していても保護されない可能性があります。

まだわかっていないこと

  • COVID-19ワクチンはどのくらいの期間、人々を守ることができるのか。 今回の推奨事項について、さらに詳しく知りたい方は ワクチンを完全に接種した人のための拡大された暫定的公衆衛生勧告をお読みください。

± このガイダンスは、米国食品医薬品局(FDA)が現在緊急使用を認めているCOVID-19ワクチンに適用されます。本ガイダンスは、米国食品医薬品局が現在緊急使用を許可しているCOVID-19ワクチン(ファイザー・バイオンテック、モデナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)・ヤンセンのCOVID-19ワクチン)に適用されます。 また、このガイダンスは、世界保健機関が緊急使用をリストアップしているCOVID-19ワクチン(例:AstraZeneca/Oxford)にも適用できます。

勝手翻訳:What You Should Know About the Possibility of COVID-19 Illness After Vaccination / ワクチン接種後に「COVID-19」の病気になる可能性について知っておくべきこと

CDC 以下の記事の勝手機械翻訳 www.cdc.gov

UPDATE

ワクチンを接種することで、重篤な病気や入院、死亡を防ぐことができます。ワクチンを接種していない人は、ワクチンを接種し、完全に接種されるまでマスキングを続けるべきです。デルタウイルスの発生により、これまで以上に緊急性が高まっています。CDCは、デルタ・バリアントに関する新たな証拠に基づき、完全にワクチンを接種した人に対するガイダンスを更新しました。

ワクチン接種後に「COVID-19」の病気になる可能性について知っておくべきこと

更新日:2021年6月25日 プリント

COVID-19のワクチンを完全に接種した人でも、ごく一部の人はCOVID-19の病気を発症します。

COVID-19ワクチンは有効です。しかし、完全にワクチンを接種した人でも、COVID-19の原因となるウイルスにさらされると、ごく一部の人がCOVID-19を発症することがあります。これらは "ワクチン・ブレークスルー・ケース "と呼ばれています。つまり、ワクチンを接種した人が病気になる可能性はずっと低いのですが、それでも場合によっては起こるということです。また、完全にワクチンを接種した人でも、感染しても症状が出ない場合(無症候性感染症)もあり得ます。専門家はこのようなケースがどれだけ多いかを研究し続けています。

大規模な臨床研究では、COVID-19ワクチンを接種することで、ほとんどの人がCOVID-19に感染しないことがわかりました。また、研究では、mRNA COVID-19ワクチン(ファイザー・バイオンテック社、Moderna社)が実際の環境下で同様の防御効果を発揮するという証拠が増えています。これらのワクチンは効果的ですが、どんなワクチンでも100%病気を防ぐことはできません。どんなワクチンでも、ブレイクスルーケースはあります。

ワクチンを完全に接種した人がCOVID-19に感染する可能性があるその他の理由

ワクチン接種の直前や直後に感染しても、病気になる可能性がある。ワクチンを接種してから体内で防御機能が働くまでには通常2週間程度かかるため、ワクチンによる防御機能が十分に働かなかった場合には病気になる可能性があります。

COVID-19の原因となるウイルスの新しい亜種が米国内で広がっています。現在のデータによると、米国で使用が許可されているCOVID-19ワクチンは、ほとんどの亜種に対する予防効果があります。しかし、いくつかの亜種は、完全にワクチンを接種した後でも、一部の人に病気を引き起こす可能性があります。

ワクチン接種後にCOVID-19に感染すると、症状が軽くなる可能性があります。

ワクチンを接種しても病気になってしまう人は、ワクチン接種によって病気が軽くなる可能性があるという証拠がいくつかあります。それでも、完全にワクチンを接種した人の中には、入院したり死亡したりする人もいます。しかし、完全にワクチンを接種した人は、同じような危険因子を持つワクチンを接種していない人に比べて、入院や死亡の可能性がはるかに低くなります。

CDCはCOVID-19ワクチンのブレークスルー症例のパターンをモニタリングしています。

CDCは、州や地域の保健局と協力して、COVID-19ワクチンによる画期的な症例を調査しています。その目的は、年齢や性別の傾向、接種したワクチン、基礎疾患、SARS-CoV-2のどの亜種が原因で発病したかなど、異常なパターンを特定することです。現在までのところ、CDCが受け取ったデータから異常なパターンは検出されていない。

COVID-19ワクチンは、新しい亜種を含め、COVID-19の病気から人々を守るために不可欠なツールです。

COVID-19ワクチンは、ワクチンを接種した人がCOVID-19に感染したり、COVID-19による重篤な病気になったりすることを防ぎ、入院や死亡のリスクを低減するなどの効果があります。研究によると、完全にワクチンを接種した人は、たとえCOVID-19に感染したとしても、他の人にウイルスを拡散する可能性が低くなります。CDCは、COVID-19のワクチンが入手可能になったら、すぐに接種することを推奨しています。完全にワクチンを接種した人は、パンデミック前に行っていた活動を再開することができます。完全にワクチンを接種した人ができることについて、詳しくはこちらをご覧ください。まだワクチンを接種していない方は、お近くのワクチンをお探しください。完全に予防接種を受けるまで、あらゆる予防措置を取り続けてください。

COVID-19:マスクに関する備忘録

マスクの種類、着用方法などについての備忘録です。 COVID-19に関する情報は、CDCなどを参照することが多いのですが、マスクに関しては日本が一番進んでいるのではないかと考えています。 主に、日本で紹介されているマスクに関する記事などを記載しています。

ためしてガッテン:マスクの疑問あれこれ解決!正しいマスクの使い方(NHK

www.nhk.or.jp

ためしてガッテン」が一番わかりやすい内容だと思います。

  • マスクの種類と構造
  • 細菌やウイルスなどの粒子を防ぐ仕組み
  • つけ方を間違えたら予防効果はゼロ!
  • せきでどのくらいウイルスが拡散される?
  • マスクをしていても要注意!接触感染

【医師監修】不織布マスクの選び方|BFE・PFE・VFEの違いとは

i-goods.co.jp 具体的な選び方については、こちらの記事が参考になりそうです。 マスクの性能は以下のように定めています。

  • PFE:微粒子ろ過効率[PM2.5](約0.1μm)
  • VFE:ウイルスろ過効率(約1.7μm)
  • BFE:バクテリア(細菌)ろ過効率(約3μm)
  • 花粉対策 (約30μm)

COVID-19はウイルスなのでVFEで選びたくなりますが、この記事では、飛沫感染が主要な感染要因と考えられていることから、VFEが高いマスクを選ぶこと、エアロゾル対策も考慮して、可能であればPFEが高率なマスクを選ぶことを推奨しています。 また、これらの基準が記載されていれば、どこの国で生産されたものでも、問題ないと考えてよいようです(ただし、偽物には注意が必要)。
マスクの選択は、価格よりも性能と顔へのフィット感や付け心地が重要としています。

実際の商品での表記

実際の製品で、どのように表示されれているかを確認してみました。

f:id:PlusSum:20210728110657p:plain
エリエール ハイパーブロックマスク ウイルス飛沫ブロック
f:id:PlusSum:20210728105547p:plain
白元 快適ガードさわやかマスク
f:id:PlusSum:20210728110924p:plain
アイリスオーヤマ ナノエアー

粒子サイズのイメージ

f:id:PlusSum:20210728105710p:plain
全国マスク工業会

試験方法

試験方法が、カケンのWEBで紹介されています。 www.kaken.or.jp

PFE/VFEとASTM F2100-11

これらの値は、ASTM F2100-11 という規格の LEVEL1-3で利用されます。そもそも、LEVEL1-3はどんなふうに違うのかというと、このような違いのようです。
ASTM F2100-11 Rated Face Masks | Halyard Health

f:id:PlusSum:20210728112533p:plain
Level 1-3 (Source: halyardhealth.co.uk)

こういう表がわかりやすいかもしれません。
Choose the right mask, The right mask is an ASTM-rated mask.

f:id:PlusSum:20210728113355p:plain
Choose the right mask:CardinalHelth

日本語では、サラヤさんの製品説明がわかりやすそうです。 med.saraya.com

マスクの選び方は?ウレタンは性能劣る【素材別の比較結果】

www.huffingtonpost.jp

新型コロナ マスク着用による感染予防の最新エビデンス

news.yahoo.co.jp

テレビにもよく出られている忽那賢志先生の記事。約1年前(2020/07/23)の記事ですが、興味深い内容が紹介されています。

  • なぜ症状がない人もマスクを着けるべきなのか
  • 会話や呼気でも飛沫が発生する(動画あり)
  • 発症前からマスク着用で家族内感染を減らしたという報告
  • マスクの効果を検証したハムスターの実験
  • 病院でのユニバーサルマスクの効果
  • 新型コロナに感染した美容師2人と139人の客
  • 屋外でのマスク着用は危険なことも

暑さでマスクどうする “息吸いやすいつけ方” CDCが紹介【動画あり】(NHK,CDC)

こちらは、CDCのTwitterNHKが紹介しているもの。「口元に通常より空間があるため、息が吸いやすい」そうです。

www.nhk.or.jp

新型コロナウイルスの空気伝播に対するマスクの防御効果(東京大学医科学研究所)

この研究の発表のポイントとして、以下の項目が挙げられています。

  • 新型コロナウイルスSARS-CoV-2)の空気伝播におけるマスクの防御効果とマスクの適切な使用法の重要性を明らかにしました。
  • マスクにはSARS-CoV-2粒子の対面する人への暴露量を減らす効果と吸い込みを抑える効果があることわかりました。N95マスク(注1)は密着して使用しないと防御効果が低減すること、また、マスクだけではウイルスの吸い込みを完全に防ぐことができないことも明らかになりました。
  • マスクの適切な使用方法の理解に役立つことが期待されます。

www.ims.u-tokyo.ac.jp

マスクの種類と使用時の注意:全国マスク工業会

業界団体のマスクに関する資料

このマークがついていれば、JHPIA会員企業のマスクなので、業界の基準が守られているはず

f:id:PlusSum:20210728095623p:plain
JHPIA:全国マスク工業会のマーク

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例を公表しました(厚生労働省

<「新しい生活様式」の実践例>
新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言(5月4日)を踏まえ、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を具体的にイメージいただけるよう、今後、日常生活の中で取り入れていただきたい実践例をお示しします。 ○以下の例を参考に、ご自身や、周りの方、そして地域を感染拡大から守るため、それぞれの日常生活において、ご自身の生活に合った「新しい生活様式」を実践していただければ幸いです。

www.mhlw.go.jp

ワクチンの効果について

マスクの効果と合わせて、ワクチン接種による感染予防や重症化予防についても気になるところです。 こちらは、2021/07/28にCDCのレポートやプレスリリースを機械翻訳したものです。 ワクチンを完全接種(2回接種後2週間経過)の状態で、94%の予防効果があるそうです。

plussum.hatenablog.com

COVID-19: ワクチン関係の記事(勝手翻訳)リスト

COVID-19 ワクチン関係のCDC公表資料の勝手翻訳

plussum.hatenablog.com

plussum.hatenablog.com

plussum.hatenablog.com

plussum.hatenablog.com

日本でCOVID-19を受けるには

plussum.hatenablog.com

勝手翻訳: CDCのCOVID-19研究では、mRNAワクチンは、完全にワクチンを接種した人の感染リスクを91%低減することが示された

以下の記事の勝手機械翻訳(無保証)です。内容は必ず原本を確認するようにしてください。 www.cdc.gov

ワクチン接種により、COVID-19に罹患した少数のワクチン接種者の症状が軽く、短くなる

プレスリリース
即時リリース 2021年6月7日(月)
連絡先 メディアリレーションズ
(404) 639-3286

CDCの新しい研究によると、食品医薬品局が認可したmRNA COVID-19ワクチン(Pfizer-BioNTech社およびModerna社)は、完全にワクチンを接種した人の感染リスクを91%減少させることが分かりました。この結果は、ワクチンの有効性を示す実世界での証拠が増えたことを意味します。また、本研究では、完全接種(2回目の接種から14日以上経過)または部分接種(1回目の接種から14日以上経過~2回目の接種から13日経過)にもかかわらず、COVID-19を接種した人にmRNAワクチンが有効であることを示した初めての研究でもあります。

「COVID-19ワクチンは、このパンデミックを克服するための重要なツールです」とCDC所長のRochelle P. Walensky(MD、MPH)は述べています。「COVID-19ワクチンは有効であり、ほとんどの感染を防ぐことができますが、完全にワクチンを接種した人がCOVID-19に感染した場合、病気の程度が軽く、期間も短く、他の人にウイルスを拡散する可能性も低いと考えられます。これらの利点は、ワクチンを接種するもう一つの重要な理由です」と述べています。

今回の調査結果は、CDCのHEROES-RECOVER研究で収集された、医療従事者、救急隊員、第一線で働く人、その他の重要な労働者を対象とした4週間の追加データから得られたものです。これらのグループは、その職業上、COVID-19の原因となるウイルスにさらされる可能性が高いとされています。この研究の予備的な結果は、2021年3月に初めて発表されました。

新しい分析では、3,975人の参加者が、米国の8カ所で17週間連続(2020年12月13日から2021年4月10日まで)で毎週SARS-CoV-2検査を受けました。参加者は自己採取した鼻腔ぬぐい液を実験室で検査し、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の有無を確認しました。検査の結果、陽性であった場合、検体はさらに検査され、鼻腔内で検出可能なウイルスの量(すなわちウイルス量)と、陽性と判定された日数(すなわちウイルス排出量)が測定されました。参加者は長期的に追跡調査され、データはワクチン接種の有無に応じて分析されました。ワクチンの効果を評価するために、研究者は、地域におけるSARS-CoV-2ウイルスの流行状況や、参加者が職場や地域でどれだけ一貫して個人防護具(PPE)を使用しているかを考慮しました。完全にワクチンを接種した場合、参加者の感染リスクは91%減少しました。また、部分的にワクチンを接種した場合、感染のリスクは81%減少しました。これらの推定値は、症候性および無症候性の感染を含んでいます。

COVID-19による感染がより軽度であるかどうかを判断するため、SARS-CoV-2に感染した参加者を1つのグループにまとめ、ワクチンを接種していない感染者と比較しました。いくつかの調査結果によると、完全または部分的にワクチンを接種した後に感染した人は、ワクチンを接種していない人に比べて、病気の程度が軽く、期間も短い可能性が高いことが示されました。例えば、COVID-19を発症した完全または部分的にワクチンを接種した人は、平均して病気にかかった日数が6日、寝込んだ日数が2日少なかった。また、発熱や悪寒などの症状が出るリスクは、ワクチンを接種していない人に比べて約60%低かった。SARS-CoV-2に感染しても、症状が出なかった研究参加者もいました。

その他の研究結果によると、COVID-19を接種した完全または部分的なワクチン接種者は、他の人にウイルスを拡散する可能性が低いと考えられます。例えば、完全または部分的にワクチンを接種した研究参加者は、感染時にワクチンを接種していなかった人に比べて、鼻から検出されるウイルス量が40%少なく(すなわちウイルス量が少ない)、ウイルスが検出された日数も6日少なかった(すなわちウイルスの排出)。さらに、部分的または完全にワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人に比べて、1週間以上SARS-CoV-2感染の陽性反応が出る確率が66%低くなりました。これらの指標は、人がウイルスを拡散する能力を直接測るものではありませんが、水痘やインフルエンザなど他のウイルスの拡散を抑えることと相関関係があります。

今回の研究結果は、COVID-19に対する完全なワクチンをできるだけ早く接種するようにというCDCの推奨を支持するものです。現在、米国では12歳以上の方であれば誰でもCOVID-19の予防接種を受けることができます。CDCは、FDAが承認したCOVID-19ワクチンが、異なる環境や、異なる年齢層や健康状態の異なる人々など、異なるグループの実環境でどのように機能しているかを評価し続けるいくつかのサーベイランスネットワークを持っています。

###
国保社会福祉省(U.S. DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES)

CDCは、アメリカの健康、安全、セキュリティを守るために24時間体制で活動しています。疾病の発生が国内外を問わず、治療可能か予防可能か、慢性か急性か、人間の活動か故意の攻撃かを問わず、CDCはアメリカの最も差し迫った健康上の脅威に対応しています。CDCはアトランタに本部を置き、米国および世界各地に専門家を配置しています。

関連

plussum.hatenablog.com

勝手翻訳:完全にワクチンを接種した65歳以上の成人は、COVID-19による入院の可能性が94%低い

以下の記事の勝手機械翻訳(無保証)です。内容は必ず原本を確認するようにしてください。 www.cdc.gov

CDCの評価により、mRNA COVID-19ワクチンが高齢者のCOVID-19関連の入院を減少させることが判明

プレスリリース
即時リリース 2021年4月28日(水)
連絡先 メディアリレーションズ
(404) 639-3286

米国で認可・推奨されているmRNA COVID-19ワクチン(Pfizer-BioNTech社およびModerna社)はいずれも、65歳以上の成人におけるCOVID-19関連の入院を予防します。CDCの新しい評価によると、完全にワクチンを接種した65歳以上の成人は、ワクチンを接種していない同年齢の人に比べて、COVID-19による入院の可能性が94%低いことがわかりました。部分的にワクチンを接種した65歳以上の人は、ワクチンを接種していない人に比べて、COVID-19で入院する可能性が64%低くなりました。mRNAワクチンの初回接種から2週間後に「部分接種」、2回目の接種から2週間後に「完全接種」としました。

これらの結果は、mRNAワクチンがCOVID-19の重症化を防ぐという臨床試験データを裏付ける、米国での初めての実地調査結果です。今回の知見は、COVID-19による重症化のリスクが年齢とともに上昇し、高齢者が最もリスクが高いことから、該当するCOVID-19ワクチンの緊急使用許可(EUA)に基づき、米国の65歳以上の人を対象にCOVID-19ワクチンの接種を推奨するCDCの推奨をさらに裏付けるものです。

「CDC所長のRochelle P. Walensky(MD、MPH)は、「今回の結果は、すでに完全にワクチンを接種している65歳以上の3分の2の人々にとって心強いニュースであり、歓迎すべきものです。「COVID-19ワクチンは非常に効果的であり、今回の実世界での調査結果は、臨床試験で見られた効果を裏付けるものであり、最も弱い立場にある人々の入院を防ぐことができます。この結果は、私たちの地域社会や病院にとって有望です。ワクチン接種の取り組みが拡大していく中で、COVID-19の患者が医療システムを圧迫することはなく、病院のスタッフ、ベッド、サービスを他の病状のために必要としている人々のために利用することができます」。

今回の評価では、米国内の2つの病院ネットワーク(14州、24病院)における入院を対象としました。ワクチンの有効性は、COVID-19の原因となるウイルスに陽性反応が出た入院患者(症例患者)と陰性反応が出た入院患者(対照患者)のCOVID-19ワクチン接種のオッズを比較することで評価されました。評価に参加した417名のうち、症例患者は187名、対照者は230名でした。患者の約半数は75歳以上であった。

また、イスラエルでの初期の報告では、高齢者を含むCOVID-19ワクチン接種の実際の有効性が報告されていましたが、それらの報告ではファイザー・バイオンテック社製ワクチンの接種のみが対象となっていました。今回のCDCの評価では、Pfizer-BioNTech社とModerna社の両方のワクチン製品が同等に評価されました。

その結果、予想通り、初回接種から2週間以上経過していない人は、ワクチンを接種しても保護されないことが確認されました。ワクチン接種後、体内で免疫反応が形成されるまでには2週間かかります。

今回の評価では、重症インフルエンザのサーベイランスを行うために設立された2つのネットワークがデータを提供しました。HAIVEN(Hospitalized Adult Influenza Vaccine Effectiveness Network)とIVY(Influenza Vaccine Effectiveness in the Critically Illigate Illigate)です。

今回の評価は、COVID-19ワクチンの実際の効果を評価するために計画されている数多くのCOVID-19ワクチン効果評価の一つです。これらの評価結果は、人命を救い、COVID-19による重篤な疾病をできる限り減少させることを目的としたワクチン政策の決定に役立ちます。

CDCは、EUAの対象となる米国の人口のうち、16歳以上のすべての人に、該当するCOVID-19ワクチンをできるだけ早く接種することを推奨しています。

関連

plussum.hatenablog.com